テグレトールでてんかん発作抑制

Naチャネル阻害薬のカテゴリに属する薬であるテグレトールには、てんかんの症状を前もって予防することができる働きのあるお薬です。
てんかんの症状で主にみられるのはてんかん発作です。
このてんかん発作は前ぶれがなく、突然意識の消失が生じたり、体のけいれんを引き起こすのが特徴です。
脳による神経の細胞が異常を示したことによって、てんかん発作が起こることが分かっています。
テグレトールはてんかん発作に有効に作用するとともに、脳の興奮状態を鎮め、てんかんと背中合わせの関係ともなる精神面の状態にも作用してくれます。
てんかん時の症状や発作により看護を必要とする場合、もしもだれも看護してくれる人がいなければ、てんかん症状を持つ方は大変不安に襲われます。
しかし発作の抑制力をもつテグレトールによりこれらは事前に防ぐことが可能で、仮にそのような状態が起きても看護的役割を示す薬となりえるのです。
効果を十分に発揮させるためにも、テグレトールの服用時の飲み合わせには十分に気をつける必要があります。
飲酒は控えるようにしてください。
飲み合わせにおいてアルコールの存在は、副作用をもたらすデメリットがあります。
また普段何気なく飲んでいるジュースにも、配慮が必要です。
とくに果物ジュースであるグレープフルーツジュースとの飲み合わせは、禁物です。
グレープフルーツジュースに含まれる成分により、体内でテグレトールの薬の働きを阻害することが懸念されることが理由です。
テグレトールでてんかん発作の抑制を期待するには、ただ薬を服用するのではなく、ただしく服用をすることが最も大切であり、重要な課題です。
間違った飲み合わせでは、効果効能を得ることができなくなります。

■カルバトールはテグレトールのジェネリック医薬品になります
カルバトールCRの効果を知ろう